忍者ブログ

~歳時記~

だいありー

[PR]

2017/05/30(Tue)16:26

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

キハ120VSキハE120

2008/04/21(Mon)22:22

某所より転載。>てにぼーセンセTHX!

http://www.jrniigata.co.jp/080416kihae120.pdf

キハE120  っ  て  な  ん  ぞ



どう考えても西のキハ120に勝ち目は無いわけですが 


西日本でいうところのキハ187ぽい外観にキハ121っぽい内装… 

でも新潟が東にお布施したわけでは…たぶんないんだろうなぁ…

拍手[0回]

PR

No.16|交通Comment(4)Trackback(0)

松浦鉄道

2008/04/16(Wed)01:15

有田焼で有名な佐賀県の有田、
伊万里焼で有名な佐賀県の伊万里から平戸を経由して
北松浦半島をぐるりまわって、佐世保に向かう松浦鉄道が20周年を迎えるという。






松浦鉄道は、先に述べた三木鉄道同様、国鉄転換の第三セクター鉄道である。




車両はキハ120と北原白秋でおなじみ新潟鐵工所(現新潟トランシス)製のものと日本車輌製造の新車。外面は我々にとってはとても親しみある外観である。

ちなみに、私は、一度だけ、有田~伊万里の連絡にこの路線を使ったことがある。伊万里駅の駅舎が同一駅舎じゃなくて、一瞬焦ったのがいい思い出である。





国鉄から転換後、激しく列車本数が増え、経営は順調かと思われていたが、21世紀に入ってから台所事情があやしく、経営面ではやはり岐路に立たされている感がある。聞くところによると、2014年ごろがヤマ場だとかなんだとか。






3セクの周辺は景気のいい話を聞くことが少なくなったが、いよいよ松浦鉄道にも経営の話が持ち上がってきたか…。

拍手[0回]

No.13|交通Comment(0)Trackback(0)

或る鉄路の終焉

2008/04/01(Tue)00:43

No.8|交通Comment(0)Trackback(0)