忍者ブログ

~歳時記~

だいありー

[PR]

2017/12/12(Tue)09:50

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

週末の顛末

2010/11/01(Mon)01:45

10月31日

30日に色々案内されたお礼に、こちらも音里お姉さんに何かをご案内すべく、
朝の9時に和歌山駅に来てもらった


1時間かけて御坊市へ
なにがやりたいかといえば、紀州鉄道に乗りに行くこと
2軸のハイモさんが生き残っているのはたしかここだけ!だったはず

10時前御坊駅到着、意気揚々と攻め込むと


PAP_0055.jpg





















PAP_0051.jpg






















きっぷうりばなどというものは一切無く、紀鉄にのりますとJR職員に伝えたらいれてくれる
だがしかし列車はさっきばかし出発したばかりだった。あと1時間待ち


仕方がないから、ハイエナ号で西御坊まで行き、いろいろ通るルート、及び紀伊御坊駅の位置の確認をおこなったり ハイエナ号ならうだうだやっても30分で、御坊に戻っても15分のおつりがきた。





PAP_0038.jpg




















紀州鉄道の列車はJRの列車時刻と完全な連絡をとってり比較的便利
車両は北条鉄道フラワ1985→キテツ1



8373b3dd.jpg






















バス部品を寄せ集めて利用してできた列車キテツ1は草むす線路のうえを時速30kmをMAXにことことと走る。







PAP_0024.jpg
























西御坊にて。さほど大きくない駅に極小の列車は結構似合っていると感じた








PAP_0020.jpg






















PAP_0016.jpg

























紀伊御坊で切符を購入。記念品じゃないあたりがすごいところ。降りるときには係員に記念持ち帰り希望の胸ちゃんといわないと回収されてしまう。





b276faf5.jpg






















これだけのローカル線がこのような状態でのこっているのは、色々理由があるのだが、それは伏せる。
「旅」にきてるんだから、楽しむスタンスでたのしんだ、というべきか。

しかし旅の真の「中身」は紀州鉄道往復分、僅か15分。 あとはもうおみやげを買って帰るだけ


ハイエナ号で逝く、町歩き分、ローカル線の週末 以上。


追記

んで帰りの道中、大雨、
音里お姉さんを大阪にておろし、おいらはハイエナ号でさらに西へ
住之江から阪神高速乗っていける!と思ったけど、神戸市内が阪神高速も2号線も大☆渋☆滞で、三宮から須磨に抜けるのに65分
なんとか広島にも無事たどり着けたのが夜も遅い時刻であった。めでたしめでたし

拍手[0回]

PR

No.245|Comment(0)Trackback(0)

ひとこと

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :